ちゃんこ鍋 照国は、昭和四十八年に創業しました。照国という屋号は、店主(大将)の母親のいとこにあたる、第三十八代横綱の名前です。商売を始める時に名前をもらい、ちゃんこ鍋の店を開きました。店内には横綱照国に会いに行った時の写真があります。その他にも古い写真や手形などが飾ってありますので、ご来店の際はどうぞご覧ください。

開店当初は刈谷市に店をかまえ、平成十二年東浦町に移転し、現在に至ります。当店のちゃんこ鍋は、ソップと呼ばれる鶏ガラで出汁を取った醤油味。骨から出汁が出るので、骨ごと煮込みます。今も守り続けているのは、鶏肉を使うこと。相撲は手をつくと負けになるので、四足動物の豚や牛は使わず、縁起を担いで二本脚の鶏肉を使います。ちゃんこ鍋というと、味が濃いイメージがあるようですが、当店の鍋は野菜が多いので、あっさりしてヘルシーです。 創業から変わらない味と自慢のボリュームを、ぜひ味わっていただきたいと思います。

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。